HSCプロジェクト

背景と研究の狙い

すばる望遠鏡には、主鏡の上約15 mの位置に、「主焦点(Prime Focus)」があります。ここでは満月一個分の広さの天域を、一度に撮影できます。私たちのグループは1999年に、ここに搭載する主焦点カメラ「Suprime-Cam」を開発しました。すばる望遠鏡の高い結像性能のおかげで、視野の隅々までシャープな天体画像が得られるようになりました。大口径・広視野・高解像度の特性を合わせ持つ望遠鏡はすばるの他になく、Suprime-Camを使って数多くの新しい発見がなされてきました。

Suprime-Camが稼働開始してからおよそ10年が経ちましたが、この間初期宇宙天体の形成などの理解が進んできました。また、ダークエネルギー等新たな謎が人々の注目を集めるようになってきました。詳細に検討をすると、これらの研究を一段と進めるためには、Suprime-Camの能力では足りないことが分かってきました。

一方、産業界において半導体技術や大型光学系の加工技術の進歩があり、より大型のカメラを作るための要素技術が整いつつありました。そこで我々は、Suprime-Camの7倍の視野を持つHyper Suprime-Camの開発を2002年に開始しました。

歴史

年度 進捗 予算・組織 人数 機関
2002 新補正レンズの検討 すばるR&D経費(宮崎+) 3 1
2003~ CCD開発・機械系概念設計 科研費基盤B(宮崎+) 6 1
2005   台湾中央研究院参加 10 2
2006~ CCD量産・レンズ・機械系詳細設計 科研費特定領域(唐牛+) 33 4
2007   プリンストン大学参加 ~40 5
2008   国立天文台HSCサブプロジェクト発足 ~40 5
2009 デザインレビュー   ~40 5
2010~   最先端研究(村山+) ~40 5
2011

補正レンズ・新主焦点ユニット完成

カメラ完成 (予定)

  ~40 5
2012 観測開始 (予定)      
HSCプロジェクトの歴史

 

開発推進体制

機関・会社 担当
国立天文台

統括・全体設計・真空デュワー・CCD・CCD読み出しエレクトロニクス・シャッター・フィルター・主鏡鏡面検査装置・望遠鏡搭載モニター・データ解析

東京大学 (IPMU、理学部物理学教室) CCD用エレクトロニクス、データ解析
高エネルギー加速器研究機構(KEK) CCD用エレクトロニクス、データ解析
台湾中央研究院天文及天文物理研究所(ASIAA) フィルター交換機構・補正レンズ検査装置
米国プリンストン大学 データ解析
   
浜松ホトニクス CCD
キヤノン 補正レンズ
三菱電機 主焦点ユニット・望遠鏡改修

サーベイ計画立案に参加している研究者の所属機関
国立天文台・東京大学・名古屋大学・東北大学・KEK・ASIAA・プリンストン大学・愛媛大学・京都大学・宇宙科学研究所・甲南大学・台湾中央大学・長崎大学・鹿児島大学・信州大学・東京学芸大学


ドキュメント内遷移