Subaru Telescope New Development Group


Subaru Telescope Future Instrumentation
すばる望遠鏡 将来装置計画


Internal Meeting, Apr. 31, 2010

すばる将来装置計画 所内ミーティング

2010/08/31 10:00 - 12:10 (HST)

出席(順不同敬称略): 
高見、藤吉、仲田、早野、児玉、寺田、青木、田中、田村、高遠、大屋、臼田、能丸

主にPFSについて、観測所としての立場の整理、所内のサイエンティストの意
見を聞く。その前に、4月の所内会議で話されなかった他のプロジェクト2件に
ついて話してもらう

・田村さん: SuFAIFS - Subaru Flexibly Addressable Integral Field Spectrographs
  焦点面にファイバーを敷き詰め、"Switcher"で必要なエレメント(spaxels)
   の光を分光器に導く

・岩田: OH-Suppression Fibre Spectrograph
 FGB: Fibre Bragg Gratingを使用したIFS、high-z銀河の分光に特化

高遠さんから、装置計画所内ミーティングのスコープが説明され、論点整理がされた:
 所内ミーティングでの論点は
 ・観測所として推進するべき方向は
 ・すばるの開発体制は
 ・装置開発予算の獲得方法は
 これまではPFSの話、AOの話をしてきた。開発体制や予算獲得の話は今後の
  ミーティングで行いたい

PFSについて現状と、コミュニティに公開されている現時点での仕様案の説明が
なされ、意見交換が行われた。
 ・仕様について
 ・観測時間について
 ・開発体制について
 ・PFSを(観測所として、国立天文台として、すばるコミュニティとして)受け
  入れられるか
 ・レビューの見通しについて
 ・9月のワークショップで観測所からコミュニティに向けて話すこと
などが話し合われた。

次回は9月下旬の予定

Go back