Subaru Telescope New Development Group


Subaru Telescope Future Instrumentation
すばる望遠鏡 将来装置計画


Internal Meeting, Apr. 19, 2010

すばる将来装置計画 所内ミーティング

2010/08/19 16:30 - 19:00 (HST)

出席:高見、西村、臼田、高遠(三鷹からTV会議)、児玉、寺田、早野、大屋、田村、岩田

PFS計画がすばるの装置として進んだ場合、観測所の装置開発に大きな影響を与えると考えられる。
PFS以外に観測所としてある開発アクティビティのうち、特に大きいのは
AOに関するもの。PFSについてさらに議論する前に、観測所として
AOについてどう考えていくかを議論するため、大屋さん、早野さんに
AOグループとしての考えを話してもらい、議論を行う。

他の望遠鏡でのAOの状況のまとめと、すばる望遠鏡の次世代AOについて、
早野さんからプレゼンテーションがあった。

広視野AOの種類、特にGround-Layer AO (GLAO), Multi-object AO (MOAO), 
Multi-conjugate AO (MCAO) についての説明とすばる次世代AOについて、
大屋さんからプレゼンテーションがあった。

広視野AO、特にGLAOがすばるの次世代AOの有力候補として挙げられた。
 Suprime-Camなどで行われてきた広視野サイエンスの発展として
 すばる望遠鏡の強固な構造を活かすものとして
 マウナケアのサイトとしての性質は他のサイトよりもGLAOに向いている

GLAOには可変副鏡(DM2)が必要。自分たちで開発するとすれば10年くらいかかる。

DM2は望遠鏡の基礎的な性能の底上げとしてとらえるべきものである。
GLAOだけでなく、Normal AOやMOAOのwooferとしても使える。

主焦点AO (tip-tilt補正)のアイデアが紹介された。広視野の像質改善の
より簡単で早い方法かもしれないが、より詳しい検討が必要。

MOAOはTMTのAOシステムにつながるものである。すばるとしては持ち込み装置
RAVENなど、外部の開発をサポートする意向。

GLAOでのサイエンスは十分に強力なものがあるか?宇宙望遠鏡と対抗できるか?
他の望遠鏡(VLT, LBT)などに遅れるが、対抗できるか?

AO188の後、TMTのAOまでにすばるの次世代AOの開発が可能か?

次回は8月31日

Go back