Subaru Telescope New Development Group


Subaru Telescope Future Instrumentation
すばる望遠鏡 将来装置計画


Internal Meeting, Apr. 5, 2010

すばる将来装置計画 所内ミーティング

2010/08/05 10:00 - 12:45 (HST)

出席:高見、西村、臼田、高遠、寺田、大屋、早野、岩田

今後1年くらいをかけて、ハワイ観測所としての将来装置計画についての考え
をとりまとめていくキックオフとして開催された。

議論のポイントとして
 ・観測所として推進するべき方向は
  広視野、高解像度?
  サーベイ型装置の扱い、多様なサイエンス要求への対応
  すばるの強みを活かす
  TMTとのつながり
  将来につながる種
 ・すばるでの開発体制は
  ハワイでの規模は
 ・三鷹の体制
  大学との連携、海外との連携、TMTとの関係
 ・予算の獲得方法
  大型装置、要素技術開発、小型装置

といった点が挙げられた。

・5-10年くらいのタイムスケールでの装置計画の叩き台案が示され、議論が行
 われた。ポイントとしては以下の点が挙げられた:
 ・次世代可視多天体分光器 (PFSまたはそれに代わる新装置)
 ・次世代AO - 特に広視野AO (GLAO / MOAO)
 ・装置の置き換え、整理と他の望遠鏡との時間交換

・西村さんからSIRMOSについてプレゼンテーションがあり、議論が行われた。

・田村さんからDeployable Fibre Spectroscopyの提案資料が提示された。

・議論としては、以下のような点が主に話し合われた:
 ・汎用的な装置の整備について:すばる望遠鏡はこれまで日本唯一の大型望
  遠鏡として、多様なユーザーのニーズに応えるべく汎用的装置を整備して
  きたが、近年は装置開発の予算は外部資金から獲得するように、という国
  立天文台の方針がある。外部資金が獲得しやすいのは、特定のサイエンス
  に特化した装置である。今後予算配分の方針に変化がないと、汎用的な装
  置の整備は困難ではないか
 ・PFS をすばるに搭載する場合、その他の装置を開発することが可能かどう
  か
 ・次世代AO、特にGround-Layer AOがすばるの特長を活かすものとして考え
  られるが、装置も含めた見通しをより具体化する必要がある

8月中にあと2回所内での話し合いを行うことにした。
次回は8月19日 (主にAOについて)
次次回は8月31日 (所内での拡大した会議)

Go back