観測成果

すばる望遠鏡、太陽とそっくりな星がスーパーフレアを起こすことを発見

2014年4月3日

この記事は京都大学のプレスリリースを若干の修正を加えて転載したものです。
(転載元: http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/topics/superflare/)


  太陽で起こる「フレア」と呼ばれる現象は、黒点に蓄えられた磁場のエネルギーが一気に放出される爆発現象で、この時、太陽から大量の粒子が放出されます。大きなフレアで放出された物質が地球磁気圏に衝突・侵入すると、巨大な磁気嵐を引き起こし、生活にも大きな影響があることが知られています。例えば、通信システムの障害や大規模な停電が実際に起こっています。

  京都大学理学研究科附属天文台を中心とする研究グループは、米国の太陽系外惑星探査衛星「ケプラー」のデータを独自に解析し、これまで我々の太陽で観測された最大級のフレアのさらに 100~1000 倍のエネルギーを解放する「スーパーフレア」を、太陽と似ている星 (太陽型星) が起こすことを見つけていました。しかし、これらの星が太陽と本当にそっくりと言えるかどうかを明らかにするには、さらに詳しい観測が必要でした。

  そこで、今回研究グループは、すばる望遠鏡を用いてこれらの星を観測し、そのスペクトルの詳細な分析を行ったところ、太陽と本当にそっくりな星があることを発見しました。この結果は、我々の太陽でも、莫大なエネルギーが放出される「スーパーフレア」現象が起こる可能性を示すものです。

  研究チームは今後、すばる望遠鏡に加えて、京都大学を中心に現在開発を進めている 3.8 メートル望遠鏡を使って、さらに詳細にスーパーフレア星の性質や長期的な活動性の変化を調査する予定です。これらの研究により、巨大なフレアが起こる条件や兆候についての知見が得られれば、太陽活動による人類社会への被害を防ぐことにつながると期待されます。


figure

図1:スーパーフレアが観測されている恒星 KIC 9766237 と KIC 9944137 について、すばる望遠鏡で観測された鉄の吸収線 (赤線)。太陽の双子星として知られる 18 Sco (黒破線) とスペクトルがほぼ重なることが分かります。これは KIC 9766237 と KIC 9944137 が太陽と同じように単独星である可能性を示唆し、また、太陽と同じくらいの自転速度で、太陽と同じくらいの鉄の含有量があることを示します。(クレジット:京都大学)



画像等のご利用について

ドキュメント内遷移