観測装置支援・開発等一般の来訪者の方へ

 観測装置支援・開発等一般の目的で来訪される方は、下記のような流れになりますのでご確認ください。

ハワイ観測所来訪時

 ハワイ観測所を訪れる際には、緊急連絡先・海外旅行保険などの確認のために必ずオペレーションセンターで受付を行ってください。その際に、開所時間外の出入り等、山麓施設での滞在について説明します。

 

ハワイ観測所での滞在について

 ハワイ観測所での滞在にあたっては、以下のことに留意してください。

 

  1. 山麓施設の出入りについて
     山麓施設は、平日(月曜~金曜)の朝7時半開錠、夕方5時施錠です。
     これらの時間帯以外に施設に出入りをする場合には、到着時にその旨申し出てください。
     また、土日およびハワイ州の休日にはオフィスは閉まっていますのでご注意ください。

     

     出勤時にはオフィス正面玄関にある「在所掲示板」で、出勤したことをわかるようにしてください。同様に退勤する際には必ず退勤したことを示すようにしてください。詳しい説明は来所時にオペレーションセンターから行います。
  2.  

  3. 研究室の使用について
     ハワイ観測所滞在中、ビジター用の研究室を使うことができます。
  4.  

  5. コンピューターの使用について
     ビジター用研究室には、ビジター用ネットワーク回線がひいてあります。必要に応じてご利用ください。
     なお外部から持ち込んだ計算機をネットワークに接続する場合には、必ず計算機担当者にご相談ください。
  6.  

  7. 安全管理について
     ハワイ観測所で作業する際には、安全確保のため各種のルールがあります。これらのルールを破ると自分自身を危険に陥れるだけではなく、一緒に作業する同僚をも危険に陥れることになりますので、必ず遵守してください。
     当施設における事故及び災害の発生を防止し、安全を確保するために、ハワイ観測所安全管理マニュアル (現在web作成中) があります。この中に定められたルールに従って作業していただきます。
  8.  

  9. 山頂施設との往来について
     作業や観測のために山頂に上がらなくてはならない場合は、受入担当者と移動手段について相談してください。 移動手段としては
    • 観測所職員が運転する公用車で移動する
    • ハレポハクまではシャトルを利用し、ハレポハクから山頂まではオペレーターやサポートアストロノマーの運転する公用車で移動する
    • 自分で運転して移動する
    の3種類があります。
     シャトル便は共同利用観測者の利用を考えて、基本的には以下の時間帯に運行しています。
    • 山麓施設→ハレポハク:ヒロ発 午後1時30分 (ハレポハク到着 午後2時30分)
    • ハレポハク→山麓施設:ハレポハク発 午後2時30分 (山麓施設到着 午後3時30分)
    ただし、利用者のいない日は運行していませんのでご注意ください。
     事前にシャトルを利用する予定が決まっている場合には、来訪希望申請書の所定の欄にその旨記入してください。また業務の都合上、上記の時間帯以外にシャトル便が必要になる場合は観測所オペレーションセンター (1-808-934-5000) にご相談ください。
  10.  

  11. 山頂での勤務について
     山頂へ上がる際には、必ずハレポハクでの高地順応が必要になります。山頂での作業計画を立てる際には以下の基準に従って休憩をとることに留意してください。
    • 8時間未満の山頂滞在:最低30分
    • 8時間以上14時間以内の滞在:最低8時間
     山頂での作業の際は、必ず観測所員の指示に従ってください。山頂作業責任者は、昼間の作業ではデイクルーチーフ、夜間の作業 (観測) ではオペレーターになります。
  12.  

  13. ハレポハクの宿泊について
     観測支援、装置調整等の理由によりハレポハクに宿泊する予定がある場合には、「来訪希望申請書」の所定の欄にその旨、記入してください。
     観測所滞在中に予定が変更になって、急遽宿泊する必要が出てきた場合には、オペレーションセンターにお問い合わせください。専用の様式に記入していただきます。
  14.  

  15. その他
     その他、観測所滞在中に不明な点がありましたら、オペレーションセンター (ex.5000) までお問い合わせください。

 

 

画像等のご利用について

ドキュメント内遷移

ローカルナビゲーション

観測所に来訪される方へ