最新情報

M81 銀河考古学

超広視野主焦点カメラ HSC で挑む M81 銀河考古学

2015年8月4日

上海天文台、国立天文台などの研究者からなる国際研究チームは、すばる望遠鏡に搭載された超広視野主焦点カメラ Hyper Suprime-Cam (ハイパー・シュプリーム・カム, HSC) を使い、地球から 1200 万光年の距離にある渦巻銀河 M81 の周囲の広域観測を行いました。その結果、M81 の周りで若い星の集団が、中性水素ガスの分布と重なるように広い範囲に分布していることを発見しました。M81 は隣のスターバースト銀河 M82、楕円銀河 NGC 3077 と強い重力相互作用をしており、その潮汐効果で M81 から引き離されたガスの中で生まれた星々が、M81 の周りを漂っているのだと考えられます...

詳細をみる

ダークマター地図

すばる望遠鏡 Hyper Suprime-Cam が描き出した最初のダークマター地図

2015年7月1日

国立天文台などの研究チームは、すばる望遠鏡の新しいカメラ HSC で取得されたデータを用いた解析から、2.3 平方度にわたる天域でのダークマター分布を明らかにし、銀河団規模のダークマターの集中がこの天域に9つ存在することを突き止めました。研究チームは最終的に観測天域を 1000 平方度以上に広げ、ダークマターの分布とその時間変化から宇宙膨張の歴史を精密に計測する、という課題に取り組みます...

詳細をみる




おすすめコンテンツ

  • Hyper Suprime-Cam プロジェクトページ
  • すばるギャラリー
  • すばるキッズ
  • 一般見学案内
  • Thirty Meter Telescope

お知らせ

一覧はこちら

すばる望遠鏡の状況について

【2013年10月25日発表】

  2013年夏に行われた主鏡再蒸着作業の際に清掃等を実施し、2011年に起きた冷却液漏れ事故に関する一連の復旧作業は完了しました。ただし、望遠鏡や観測装置が受けた大きな影響に鑑み、今後も注意深く観察を続け、すばる望遠鏡の安全な運用を続けるために必要な措置を講じます。

詳細をみる

クイックリンク